お疲れ様です!

福山です!

いつも私の【副業で稼ぐ電脳せどり】ブログをご覧いただき誠にありがとうございます♪

今回はジャンク品せどりについてお話していきますね!

ジャンク品せどりで商品を見極める方法

電脳せどり ジャンク品
電脳せどり ジャンク品

ジャンク品って響きはあまり良くありませんよね。中古せどりをしている人にとっては

「ジャンク品」を避けながら仕入れをしていると思います。

たまに、普段は7000円ぐらいの仕入れの商品が「1000円」などで売られているときがあります。

このとき、何も考えずに直ぐに購入してしまうと、それが「ジャンク品だった」ということは

初心者の人にはあるかもしれませんね。

基本的には、ジャンク品は誰も仕入れません。

しかし、そういったところに「利益が取れる」商品が紛れている場合があります。

その見極める方法は、「出品者」です。

明らかに業者である場合や、他にも多くのジャンク品を出品している出品者のジャンク品は

文字通りのジャンク品です。

しかし、一般の人が出品している「ジャンク品」のなかには

「長い間、使用していなかったから…」「大き目の傷があるから…」

といった「念のためジャンク品」にしているものがあります。

狙いはこのようなジャンク品です。

上記の二つのような文言は、コンディションが「中古品」でも見かけるコメントです。

しっかりとしたコンディションを記載していれば問題ありません。

商品に傷があるだけでは「ジャンク品」になりませんよね!

ジャンク品の見極めるコツは「出品者」の情報です。

あとは、商品のコメント欄をじっくり観察すると、コツが分かってきます。

ジャンク品をしいれるときは商品ページのコメント欄をよく読みましょう。

ライバルがいない「ジャンク品」

電脳せどり ライバル
電脳せどり ライバル

電脳せどりをしている人で「ジャンク品専門」の人ってなかなかいませんよね。

それもそのはずで、基本的には「ジャンク品」です。正常に動作しないため、商品を買った消費者からクレームが着て、返金をしなければいけないためです。

実はこのようなジャンク品でも「簡単に修理ができる」モノもあります。これには専門的な知識が必要ですが、ライバルと競合しないためには、誰も挑戦していない分野を攻めることが求められます。

500円程度で仕入れた商品を簡単な修理をして7000円などで販売していく人は、相当この分野で強いですよね。

まさに「ブルーオーシャン」で、仕入れた分だけ収入が上がっていく仕組みです。

ライバルがいないジャンルや商品を探していくことが大切です!




まとめ

今回は、ニッチなジャンル「ジャンク品」についてご紹介しました。普通は誰も目もくれないようなジャンルですが、「見る人から見れば」そこにはお宝が埋もれていることもあります!

ジャンク品からでも売れるものはないか?と考えていくことで、また新たな仕入れ先が発掘できるようになります!




P.S.
メルマガやLINE@では、ブログでは公開できない
電脳せどりで稼ぐ裏情報を公開していますので、知りたい方は登録してくださいねー!

↓ ↓ ↓
メルマガに登録する

また、リアルタイムな情報や、メルマガでも流せない情報はこちらに配信しています!
今なら限定特典を配付中ですので、ぜひ友達になってくださいね!

↓ ↓ ↓
友だち追加

ご不明な点や質問などあれば、お気軽にお問い合わせください!