皆さんお疲れ様です!

福山です!

 

電脳せどりをする際に、皆さん自分の「仕入れ基準」があるかと思います。

その仕入れ基準を元に商品を仕入れているはずです。

 

ですがこの仕入れ基準、

間違った捉え方をしてしまうといつまでたっても結果が出ません。

 

今回は電脳せどりで超重要な「仕入れ基準」に関してお話しします。

せどりでうまくいっていない方は一度頭の中を0にして話を聞いて下さいね!

ランキングだけでは基準にならない?

電脳せどり 基準
電脳せどり 基準

初心者の方で1番多いのは誰かが言ったランキングだけを基準にせどりをすること。

これが本当に多いです。

 

よく色々なブログやせどりの記事を見ていると・・

「本は〇〇位以下を狙おう!」だとか「家電は最低でも〇〇位!」

なんて言葉をよく見かけます。

 

その言葉を信じてランキングを頼りに仕入れてみたら、

「あれ?いつまでたっても売れない!」という現象に遭遇します。

 

かくいう私もランキングが高いのに商品がいつまでも売れないことがよくありました。

モノレートで需要も確認したし、アマゾンでもある程度のランキングを誇っている・・

しかしこれは大丈夫!と思った商品が全然売れない。

結果的に村を被った経験があります。

 

何が間違っていたか?

理由は意外にも単純で正しい仕入れ基準が身についていなかったから他ありません。

 

では正しい基準とは一体どのようなことを指すのでしょうか?

詳しく解説していきますね!

仕入れの正しい基準とは

電脳せどり 基準
電脳せどり 基準

仕入れの正しい基準とは商品がきちんと売れているか確実にわかる情報です。

商品が売れている情報とは、アマゾンランキングが上がっていること。

ランキングが2,000位から1,500位に上がった・・といった具合です。

 

これを読み解くのに必要なツールがモノレートとプライスチェック。

モノレートはご存知ある方多いかと思いますが、

プライスチェックを使っている方はあまり見かけません。

 

私自身仕入れ基準を学び直すまではプライスチェックは利用していませんでした。

もしかしたら仕入れ基準が間違っているのかもしれない・・

そう思うようになってからプライスチェックを利用しています。

 

この2つのツールを利用してからというもの、

資金は着々と増え続け、結果的には電脳せどりの分野で成功を収めることができました。

プライスチェック

プライスチェックとはその商品が今までどれくらい売れているのかわかるツールになります。

 

モノレートに比べて大まかな情報になるので、プライスチェックでサッとランキングを確認したら

モノレートで情報の詳細を確認する、といった流れです。

 

プライスチェックで商品を検索すると様々なグラフが出てきます。

どのぐらいも大事ですが、まず見ていただきたいのがランキング変動グラフです。

電脳せどり ランキング
電脳せどり ランキング

このような感じのグラフになりますね。

このグラフが意味するのは、グラフが上に上がるとランキングが上がった、

グラフが下に下がるとランキングが下がった、ということになります。

 

モノレートで慣れている方は違和感を感じるかもしれませんね。

モノレートの場合は逆で下に下がるとランキングが上がったという見方をします。

 

上の画像の赤丸がついている所に注目して下さい。

この赤丸が7つついていますよね?

このグラフは1ヶ月の変動グラフなので、1ヶ月に商品が7つ売れたということになります。

 

プライスチェックで確認したら商品が1ヶ月に7つ売れたことが分かった。

この商品はランキングは大丈夫そうかな?

と大まかに確認したら次はモノレートでさらに細かい情報を確認します。

モノレート

ご存知の方も多いかと思いますモノレート。

様々なブログでも紹介されていますよね。せどりでは万能ツールだと思います。

 

モノレートでもグラフが様々表示されますが、

最も重要な部分が「最安値一覧」です。

電脳せどり ランキング
電脳せどり ランキング

モノレートは結構ランキングのグラフばかり意識されがちですが、

実はこの「最安値一覧」が超重要です。

 

ここではまずランキングを確認します。

ランキングが下がるということは売れた、ということなので

ランキングを下がっている部分をまずは見ていきます。

 

直近で売れたところが8月30日ですね。

465,846位から170,386位に上がっています。

 

ランキングが上がったことを確認したら次は出品者数をチェック。

 

8月30日では出品者数が6→4に変わっているのでこの商品は

中古品が売れたということになります。最安値は1303円で売れてますね。

 

このようにモノレートでは商品のランキングがこと細かくチェックできます。

誰かが言ったランキングに左右されない

電脳せどり ランキング
電脳せどり ランキング

ここまででプライスチェックとモノレートの大体の読み解き方が分かったかと思います。

 

初めに誰かが言ったランキングだけでは仕入れ基準にはならない、とお話ししましたが

よくよく考えてみるとランキングは常に変化するものですよね。

 

誰かが10万位以下で目星をつけよう!と言っていたとして、

それっていつの情報になるでしょうか?

 

1日にたくさんの商品が出品される中で、

商品のランキングは毎日変化し続けます。

であるにも関わらず「10万位以下であれば売れる!」とだけ認識して

仕入れていては商品のランキングの変化を完全に無視したことになります。

 

仕入れ基準としてはランキングの変化を見極めることは命です。

先ほど紹介した2つのツールを利用して必ず商品のランキングを見極めた上で、

仕入れにようにしていきましょう!

まとめ

今回は「仕入れ基準」に関してお話ししました。

正しい仕入れ基準とは商品がきちんと売れているか確かな情報です。

 

その確かな情報を裏付けるために利用するのが、

モノレートとプライスチェックでしたね。

 

この2つのツールは必須です。

ぜひとも初心者のうちに慣れてモノにしましょう!

 

 



P.S.
メルマガやLINE@では、ブログでは公開できない
電脳せどりで稼ぐ裏情報を公開していますので、知りたい方は登録してくださいねー!

↓ ↓ ↓
メルマガに登録する

また、リアルタイムな情報や、メルマガでも流せない情報はこちらに配信しています!
今なら限定特典を配付中ですので、ぜひ友達になってくださいね!

↓ ↓ ↓
友だち追加

ご不明な点や質問などあれば、お気軽にお問い合わせください!