皆さんこんにちは!

福山です!

 

今回は「食品せどり」についてお話させていただきますね!

色々なブログを見てると、

何かと敬遠されがちな食品せどり。

 

しかしあるポイントさえ把握してしまえば

食品せどりは非常にウマミのあるせどりです。

 

この記事を何度も読んで、

食品せどりを完璧に把握して下さいね!

食品せどりとは

食品 せどり
食品 せどり

食品せどりとはAmazonのカテゴリで言えば、「食品・飲料」です。

食品・飲料に特化したせどりを食品せどりといいます。

 

冒頭でも申し上げましたが、

この食品せどりは多くのセドラーに敬遠されがちです。

 

なぜか?

 

それは他のジャンルに比べて、

商品の売り方、発送、売り方が多少変わっているからです。

 

他のジャンルで通用したやり方が

食品せどりでは通用しない・・・

敬遠される理由はそこにあるようです。

 

しかし反対に捉えれば、

ポイントさえ抑えてしまえばメリットも多い食品せどり。

 

次は食品せどりのメリット・デメリットを見ていきましょう!

食品せどりのメリット

ライバルが少ない分メリットに富んだ食品せどり。

このせどりには一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

ライバルが少ない

食品 せどり
食品 せどり

先にも述べましたが、

食品せどりは他のジャンルと比べ多少売り方が変わってきます。

 

なのでせどりで食品を扱う場合は

それ専用のやり方を学ばなければなりません。

 

今まで通用したやり方が通じないので、

せどりの世界ではライバルが少ないと言われています。

特にセドラーが敬遠するポイントとして、

賞味期限がある、ということがいえますね。

 

これは後にも説明しますが、

賞味期限が近くなった物はAmazon倉庫から返送・破棄する必要があります。

 

なのでもし商品の賞味期限が来てしまったら・・・

それだけ赤字になってしまうリスクがあるのです。

こういった理由で多くのセドラーが食品という部門を避けています。

 

しかしこの「賞味期限」に関しても攻略法はあります。

 

この攻略法さえマスターすればライバルの少ない食品部門で

多くの利益を獲得することに繋がります!

回転率が良い

食品 せどり
食品 せどり

セドラーは「回転率」というものを非常に意識します。

 

回転率とはどれだけその商品が売れるのか、ということです。

実は食品というのはとにかくよく売れるのです!

 

食品せどりを行う上で扱う単価はほとんどが3000円以下。

 

この3000円という数字よく覚えておいてください。

この数字は他のジャンルにも通ずる所があって、

3000円以下の商品は本当によく売れてくれます。

 

あなたの身の回りの出来事に

置き換えてみたら分かりやすいかもしれません。

 

Amazonで何か商品を買おうとする時、

1万円以上の物をよく買いますか?

 

ほとんどの方が「No」と答えると思います。

 

1万円以上の商品は何か特別な時でないと買わない人が多い。

購入しているものって3000円以下の低価格帯の商品が多いですよね。

 

以上の理由で食品せどりは高い回転率を出すことが出来るんですね。

まとめ買いされやすい

食品 せどり
食品 せどり

まとめ買いされやすい、ということもメリットです。

 

以前他の記事で「化粧品」に関する記事を書きましたが、

その中で「まとめ買い」というのは発送手数料が浮くので

非常にメリットになる、というお話をしました。

 

食品をネットで注文する時、

わざわざカップラーメン1つだけ注文するってことはないですよね。

ほとんどの方がまとめて注文すると思います。

 

セドラーにとって発送手数料はせどりを運用する上で肝になる部分です。

ベテランのセドラーほどこの発送手数料をいかに抑えるかを意識しています。

 

それほど大事なポイントなんですね。

 

商品を1個ずつ買うと、1個ずつに手数料がかかりますが、

まとめてダンボールで仕入れると、ダンボール1個分だけの手数料で済みます。

 

無駄に払わなくていいので、

コストを抑えつつ運用できるのです。

食品せどりのデメリット

どの分野でもそうですが、

メリットがあればデメリットも存在します。

 

ここでしっかりとデメリットを抑えて、

少しでもリスクを抑えるようにしていきましょう!

1個あたりの利益率が低い

食品 せどり
食品 せどり

食品ですので1個あたりの利益も

200円〜700円と割と低めです。

 

なのでどうしても薄利多売になりがちなのがデメリット。

薄利多売とは沢山の数を売って利益を得ることです。

 

沢山の数を売らなければならないので、

その数に挫折して早い段階で断念する方が多いのは事実。

正直私も最初はそのように感じた時期もありました。

「こんだけ売ってるのにこれだけの利益!?」という風に。

 

しかし数をこなしていて気付かされたのですが、

メリットでも申し上げたように食品は利益率が非常に良いです。

なのでドンドン売れているのをみると、

飽きずに食品せどりを続けることができました。

 

私は個人的にせどりは回転率が命だと思っておりますので、

その回転率が良い「食品」というジャンルは初心者にもオススメです。

賞味期限に気をつけなければならない

食品 せどり
食品 せどり

賞味期限も食品を扱う上でデメリットになる問題です。

やはりAmazonも賞味期限に関してはかなりシビアですね。

ちょっとでも衛星に問題のある商品をお客様へ届いたら大問題ですから。

 

賞味期限に注意しつつ運用しなければならない食品せどり。

あなたは「要期限管理商品」というのはご存知でしょうか?

 

Amazonでは要期限管理商品というものがあり、

食品せどりはこの商品をしっかりとチェックしていく必要があります。

 

この要期限管理商品、

扱い方も決まっており、最初に覚えてしまえば特に難しいことはありません。

 

しかしルールから外れてしまうとAmazonアカウントの

ペナルティの対象となるので注意が必要です。

 

次は要期限管理商品に関してお話ししていきます。

初めてこの名前を聞く方でも分かりやすいように説明するので、

リラックスして読み進めてくださいね。

要期限管理商品とは

食品 せどり
食品 せどり

要期限管理商品とは

食品全般(サプリメント、食玩、ペットフードなども含む。)

■食品以外で消費期限の印字がある商品

■お酒  を指します。

 

2番目の食品以外での賞味期限がある商品とは、

化粧水やヘルビ用品がそれに当たります。

つまり賞味期限あある全ての商品だとお考えください。

 

要期限管理商品は元々オンラインで講座を受けなければ

取り扱えない商品でしたが、

2017年から講座を受けなくても良くなりました。

以前と比べて気軽に始められるので、

そこまで身構えなくても取り扱うことが出来ます。

 

要期限管理商品のマニュアルを見てみると、

ダラーッと長く文章が書かれています。

 

その説明文を全て説明していると、

時間がかかってしまうのでここでは大事な部分だけをお伝えします。

要期限管理商品を扱う上で最低限抑えておくべきこと

食品 せどり
食品 せどり

大事なポイントは以下3点

1、常温で保存できるもの

2、Amazonの倉庫(FC)到着時に

    60日以上の賞味期限があること

3、賞味期限の印字が外から見えるところにあること

 

1つ1つ見ていきましょう。

1:常温で保存できるもの

食品 せどり
食品 せどり

常温で保存できる・・

つまり冷凍食品やアイスなどはNGということです。

特別な保存方法についての記載がないか、

商品のパッケージを良くみる必要があります。

 

取り扱いが出来ない物としては、

「18度以下で保存」など、

具体的な温度の指定がある ・要冷蔵・要冷凍の商品があります。

2:Amazonの倉庫(FC)到着時に 60日以上の賞味期限があること

食品 せどり
食品 せどり

要期限管理商品はその名の通りしっかりと期限を

確認しなければなりません。

 

マニュアルではFC到着時に60日以上の

賞味期限があることとされていますが、

事前申請をすると特別に30日以上の期間が残っていれば

受容されることもあるようです。

 

事前申請に関して気になる方はご自身で調べて見てください。

3:賞味期限の印字が外から見えるところにあること

食品 せどり
食品 せどり

賞味期限の印字が外から見える箇所と

中々分かりづらい説明かもしれません。

 

これはつまり誰が見てもわかりやすいような印字、

(MM/DD/YYYY、MM/DDなどのフォーマット)のような

フォーマットは納品できません。

「作業が手間」を逆手に取る

食品 せどり
食品 せどり

食品せどりが敬遠される理由として、

他のジャンルに比べ多少作業が手間であるということがあります。

 

先にも述べたように要期限管理商品なので、

商品の起源に関するルールが綿密にあります。

そして間違えてそのルールから外れてしまえば、

アカウントのペナルティ対象となることも。

 

なので最初覚えることが多いので、

めんどくさいと感じる方も少なくないようです。

 

ただ逆に考えると、めんどくさいと感じる人が多いということは

それ分ライバルが少ないということ。

ライバルが少ないのはせどりの分野では大変美味しい部分ですからね。

セドラーとしてはそのメリットを放っておくことは出来ません。

 

納品時のポイントを大きく3つに絞りました。

ポイント1:要期限管理商品のみを納品する

納品する際は要期限管理商品のみ。

なので家電製品などと一緒に納品するのはNGです。

ポイント2:同じASINの場合は同じ賞味期限を入れる

いくら同じASINといっても、

賞味期限をバラバラで納品してはいけません。

 

「納品プラン」というプランを作って

毎回食品を納品するのですが、

もし同じASINの場合でも賞味期限が違えば、

違う納品プランで送り出す必要があります。

ポイント3:「要期限管理商品」のシートを貼る

通常の商品であれば配送ラベルを貼るだけで済みますが、

食品の場合はそれとは別に要期限管理商品専用のラベルを貼る必要があります。

サイズはA5以上です。

オススメの仕入先は?

食品 せどり
食品 せどり

気になるのが仕入先です。

 

いくつかオススメの仕入先があるのですが、

その中でもオススメなのが・・

「サンプル百貨店」というサイトです。

食品 せどり
食品 せどり

 

ここはサンプルを扱うサイトなので、

値段も3分の1〜半額と大変嬉しい値段で仕入れる事が出来ます。

 

ちなみにここに登録すると

初回限定で全品500円セールがあります。

この値段はあなどれないですね!

 

先日「化粧品」の記事でもサンプルサイトを紹介しましたが、

サンプルの商品ってとても需要があります。

何より安い値段で仕入れる事が出来ますからね。

ここはぜひとも時間をかけて仕入れておきたいところです。

まとめ

今回は「食品せどり」に関してお話ししました。

食品せどりは賞味期限や独自のルールがあるため、

一見めんどくさそうに感じるかもしれません。

 

しかしそれだけライバルが少ない。

しかもまとめ買いされやすい分野なので、

手数料も抑えて出品できます。

 

1個あたりの値段は安いかもしれませんが、

回転率が非常に良いので、仕入れれば仕入れるほど利益を出せます。

 

食品せどり、

まだ試していない方はぜひとも挑戦して頂きたいジャンルです。




P.S.
メルマガやLINE@では、ブログでは公開できない
電脳せどりで稼ぐ裏情報を公開していますので、知りたい方は登録してくださいねー!

↓ ↓ ↓
メルマガに登録する

また、リアルタイムな情報や、メルマガでも流せない情報はこちらに配信しています!
今なら限定特典を配付中ですので、ぜひ友達になってくださいね!

↓ ↓ ↓
友だち追加

ご不明な点や質問などあれば、お気軽にお問い合わせください!