皆さんこんにちは!

福山です!

 

多くの方がAmazonを利用してせどりをしているかと思います。

私もそうです。

 

そこで皆さんに1つ質問します。

「再販制度」をご存知ですか?

 

もしこの制度を知っていないとしたら

最悪アカウント停止の可能性が出てきます。

それくらいAmazonせどりをする上で重要です。

 

今回はこのとても重要な再販制度に関して

お話ししていこうと思います。

 

この記事を何度も読み直して

ぜひ自分のタメにしてくださいね!

そもそも再販制度とは

再販制度
再販制度

まずは再販制度についてです。

 

この再販制度とは簡単にいうと

本やCDなどに設けられた著作権に関する制度。

 

この制度つまりどういうことかというと

メーカーが新品の商品を販売するにあたり、

小売りに対して価格を指定すること。

つまり定価です。

 

よく本屋さんなどで人気商品を見つけた時、

「なんでこんなに人気があるのに価格が上がらないんだろう?」

と疑問に思ったことはありませんか?

これこそが再販制度によって

価格が定価のまま販売されているいい例ですね。

 

なので小売りは高くも出来ないし、

安くも出来ません。

 

もう少しこの再販制度について詳しく見て行きます。

再販制度
再販制度

再販売価格維持契約、通称再販契約はAmazonでも従うようにと

2018年5月に各店舗に一斉にメールが送られました。

 

これまでのAmazon転売では

小売りは新品商品であるに関わらず価格を自由に設定できました。

そのため人気商品はプレミア価格になりやすく、

簡単にいってしまうと値段設定はやりたい放題だったんですね。

 

しかし今回の通知でAmazonも再販契約を取ることになります。

それによりAmazonの商品でも

再販制度対象のものは価格が一定に保たれることになりました。

 

恐ろしいのが意外にこの制度を知らないという方が多い事実。

 

特にせどり初心者の方は知らない方が多かったです。

冒頭でもお話しましたがこの制度をきちんと理解していないと

最悪Amazonでせどりができなくなってしまいます。

 

ちなみにこの再販制度ですが、

採用するかしないかはメーカーによります。

なので再販制度が設定されていない商品もあるのです。

 

当たり前ですが再販制度が設定されていない商品は

新品でも自由な価格設定にすることができます。

Amazonにおける再販制度の見分け方とは

再販制度
再販制度

ここからが大事なお話です。

再販制度があるのも知ったし、この制度がどんな制度かも分かりました。

そして再販制度がある商品とない商品も知りましたね。

 

ではどのようにして再販制度があるかなしかを見分けるのでしょうか?

 

見分け方は非常に簡単で

価格が書いてあるところに「定価」と書いてあるかどうかです。

 

価格の前に「定価」と書かれていれば再販制度がかかっているし、

書いていなければ再販制度のない商品です。

よく以下のような説明文を見かけると思います。

 

「定価2000円」・・・これは再販制度がある商品です。

 

ではこれはどうでしょう?

「特別価格2000円」・・・ちょっと引っ掛けのような感じはしますが、

これは「定価」と書かれていないので再販制度がありません。

 

まずはこの時点で「定価」と書かれている商品は

再販制度があるんだなぁ程度で覚えておきましょう。

再販制度を踏まえた上でAmazonではどう売るの?

再販制度
再販制度

ではここからは実践編ですね。

再販制度を踏まえた上でAmazonではどのように売っていけば良いのか?

 

せっかくプレミアの価値があるのに、その商品に再販制度が設けられているとしたら。

それでは利益を出すことは出来ませんよね。

とても残念な気持ちになります。

 

じゃあ諦めて再販制度のない商品だけを探すのか?

 

実は再販制度がかかっている商品でも

商品を定価以上の価格で売る方法は存在します。

 

それは「ほぼ新品で売ること」。

 

「え?どういうこと?」と疑問に思うかもしれません。

というのも再販制度は新品の商品だけに課せられる制度です。

なので中古の商品は再販制度が適応しません。

 

「ほぼ新品って中古なの?だいじょうぶ?」

と心配になる方もいるかもしれませんが、

 

ご安心ください、ほぼ新品でも中古品扱いです。

 

そもそも中古品というのは

「中古可〜ほぼ新品」が対象になります。

なのでほぼ新品で出せば問題なく販売することができるのです。

再販制度を踏まえた出品方法

再販制度はCDと本によって出品方法が異なります。

具体的にみて行きましょう。

CDの場合

再販制度 CD
再販制度 CD

CDの出品方法についてみて行きます。

 

まず始めに価格の所に「定価」があるかをチェックします。

もし「定価」と書かれていれば再販制度がかかっているので

「ほぼ新品」で出品しましょう。

 

しかし少々ややこしいのがCDの場合、

時限再販という制度が存在します。

 

これはどんな制度かというと、

ある一定の期間がたてば再販制度がなくなり

自由に売買出来るという制度です。

この一定の期間ですが、基本的には販売から6ヶ月まで。

それ以降は自由に販売できるケースが大半です。

 

時限再販に関しても定価と書かれている付近に

詳しい記載があります。

なのでここら辺はしっかりとチェックしておきましょう。

 

ちなみに時限再販によって再販制度がなくなった商品ですが、

なくなったら新品としても自由に販売できます。

当たり前ですが「ほぼ新品」よりも「新品」の方が売れやすいです。

CDでせどりをする方は必ず時限再販をチェックしましょうね。

本の場合

再販制度 本
再販制度 本

では本の場合はどうでしょうか?

本の場合も同じく、まず始めに再販制度が

かかっているかどうかをチェックします。

 

もし再販制度がかかっていたら「ほぼ新品で」

かかっていなかったら「新品」として自由に販売できます。

 

CDと違う所は「時限再販」が設けられていないことでしょうか。

なのでCDと比べわりとシンプルに売買ができます。

 

しかし例外で古くなった本や人気のない本は

バーゲンブックや自由価格本として販売されるケースはあるようです。

これはどういうことかというと、

メーカーが「この本は売れないから、再販制度切ろっか」ということで

再販制度を打ち切ったケースです。

このケースの場合は後ろ側にバーゲンセール、

自由価格本といったシールが大半です。

なので本せどりをする方は後ろ側はしっかりチェックする必要があります。

もし再販制度を無視したらどうなるの?

再販制度 無視
再販制度 無視

ちょっとここからは注意して見ていただきたい。

もし再販制度を無視したらどうなるのか?です。

 

結論から言うと

最悪Amazonアカウントが凍結されます。

 

Amazonアカウントが凍結されたら

Amazonでせどりをすることはできなくなってしまいます。

せどり生命そのものが奪われてしまうから注意です。

 

何よりモチベーションが下がりますからね。

やはり前もって再販制度については十分な注意が必要です。

ただ調べてみるといきなりAmazonアカウントが凍結されるケースは

中々無いようです。

 

もし仮に間違って再販制度を無視してしまった場合

まず最初にAmazonから警告のメールが来ます。

この警告のメールを無視ししてずっと再販制度を違反していたら

凍結してしまうようですね。

 

なので警告のメールが来た時点でしっかりと注意しましょう。

ただの警告だといってもイエローカードみたいなものですからね。

そこをないがしろにしたら最悪のケースを招いてしまいます。

まとめ

今回は再販制度を理解してもらい、

そして理解した上でAmazonでどのように販売していくかをお話ししました。

 

Amazonでは2018年の5月から適用された制度だけあって

意外に多くの方がこの制度を知りません。

 

せどりをする上では情報はしっかりと把握しておきたいもの。

今回の記事を何度も読んで、

再販制度についてしっかりと理解してくださいね!

 




P.S.
メルマガやLINE@では、ブログでは公開できない
電脳せどりで稼ぐ裏情報を公開していますので、知りたい方は登録してくださいねー!

↓ ↓ ↓
メルマガに登録する

また、リアルタイムな情報や、メルマガでも流せない情報はこちらに配信しています!
今なら限定特典を配付中ですので、ぜひ友達になってくださいね!

↓ ↓ ↓
友だち追加

ご不明な点や質問などあれば、お気軽にお問い合わせください!