7月から楽天SPUに新しく「楽天の保険」と「楽天でんき」が追加されました。

今回はその二つについて解説します。

 

今回追加された項目はこの二つです。

「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払うと+1倍

「楽天でんき」に加入すると+0.5倍

 

まずは「楽天の保険」から見ていきましょう。

楽天の保険

「楽天の保険」で+1倍を獲得する手順

1、契約情報の確認する

マイページで今の契約情報を確認しましょう。

 

2、楽天IDを登録する

楽天IDを連携させます。

 

3、保険料の支払い方法を楽天カードに変更する

 

4、保険料を楽天カードで支払う

楽天カードで保険料を支払った翌月からの買い物がSPU対象となります。

 

SPU対象外となるケース

2019年6月より前に楽天の保険に加入して年払い選択して 楽天カードで1年分の保険料を支払った場合

 

・ウェブ以外(代理店(募集人)からの提案)で楽天損害保険で販売している「ホームアシスト」に契約して保険料を楽天カードで支払った場合

 

・「楽天の保険」の保険料を家族カードで支払った場合

この3つの場合SPUの対象外となってしまうので気をつけましょう。

どの保険に入るのが一番いいのか

 

「楽天の保険」でSPUの対象になるのは以下の四つです。

 

楽天生命保険

楽天損害保険

楽天ペット保険

楽天カード超かんたん保険

 

ただ楽天カード超かんたん保険については気を付けてください。

 

楽天ホームページには次のような文言があります。

「対象となる保険は、楽天カード会員さま向けの「楽天カード超かんたん保険」となります。

楽天市場で取り扱いの「楽天超かんたん保険」は対象となりませんので、ご注意ください。」

 

つまりSPUの対象なのは「楽天カード超かんたん保険」だけで、楽天市場で取り扱われている「楽天かんたん保険」はSPUの対象外ということです。

この二つは名前もよく似ていて間違えやすいので注意してください。

 

ここに「楽天カード超かんたん保険」のリンクを貼っておくので、ここから行けば間違いないです。

楽天カード超かんたん保険

 

あと「楽天の保険」でのSPUで気を付けなくてはいけないのが、保険料をカードで払った月の翌月がSPU対象月となるということです。

つまり年払いを選択してしまうと、一年分払ったのにSPU対象となるのは一月だけということになってしまいます。

ですので必ず月払いを選択してください。

 

ではSPU対象の保険を1つずつ見ていきましょう。

楽天生命保険は月払いはできますが、月1500円からと高いです。

なのでSPUだけを目的にしている場合ではおすすめしません。

 

次に楽天損害保険ですが、こちらは年1620円からと安いですが月払いができないので却下です。

 

楽天ペット保険は月460円のものがありますが、月200円のものからある楽天カード超かんたん保険が断然おすすめです。

楽天カード超かんたん保険でおすすめなのは月200円の持ち物プランです。

そこまで値段の変わらない月230円の自転車プランもいいかもしれません。

 

最後に「楽天の保険」の保険料は期間限定ポイントでも支払えるので、期間限定ポイントの消費にも使えます。

楽天を利用していると期間限定ポイントが結構溜まってくるのでここで消費してしまうのもいいでしょう。

楽天でんき

楽天でんきに加入するとSPUが+0.5倍になります。

これもすごい魅力的ですが楽天でんきに加入すると他にもお得な点がたくさんあります。

 

まず新規加入すると楽天ポイント2000ポイントがもらえます。

契約して4カ月以上になれば、エントリーしてなくてももらえます。

ただ加入するだけでもらえるのでお得です。

基本料金が0円

 

基本料金がかからないので使った分だけ、従量料金だけの支払いとなります。

 

エリアによる料金の違いは次のようになっています。

・北海道電力エリア  29,50円/kWh

・東北電力エリア 26,00円/kWh

・東京電力エリア 26.00円/kWh

・中部電力エリア 26.00円/kWh

・北陸電力エリア 21,50円/kWh

・関西電力エリア 22.00円/kWh

・中国電力エリア 24,00円/kWh

・四国電力エリア 24.00円/kWh

・九州電力エリア 23.00円/kWh

・沖縄電力エリア 26.00円/kWh

 

今の電気料金とどっちが安いのか気になる方は楽天でんきホームページ内に、

電気料金シミュレーションというページがあるので使ってみてください。

電気料金シミュレーション

 

ちなみに1月分の電気代を30Aで200kWhと仮定してエリアを東京にしてやってみた結果がこちらです。

確実に安くなっているのが分かります。

楽天ポイント

 

楽天でんきですが、楽天ポイントが使えるのでここでも期間限定ポイントの消費ができます。

 

さらにこの楽天でんきは電気料金200円につき1ポイント入ります。

そしてそれを楽天カードで払うとこちらも100円につき1ポイント入るので、

2重でポイントが入るのです。

切替費用0円

 

最後に、楽天でんきに切り替えるときに、

切替手続き・工事費用・解約手数料は一切かかりません。

つまり楽天でんきに切り替えるにあたっての費用は0円ということです。

 

手続きの簡単さも魅力の一つです。

 

手順としては、

1.webで申し込み

2.開始日の書かれた電子メールを受け取る

3.検針日から切り替えがスタート

 

切替立会いは不要です。

まとめ

 

「楽天の保険」と「楽天でんき」について説明してきましたが、

両方ともSPUを稼ぐのに重要な要素なので両方とも契約して、

楽天ポイントをガンガン稼ぎましょう。