投資を始めようとしている方に初心者でも安心して投資できるNISAとつみたてNISAについて解説します。

投資を始めましょう

 

投資は怖いと思っている方は多いと思います。

特にレバレッジの高いFXで破産した方なんかはそう思っていると思います。

 

FXのような投機や個別株などのハイリスクハイリターンの投資では、

短時間で高額を稼ぐこともできますが、

一気に破産してしまうという大きなリスクがあります。

しかし今回紹介していくNISAとつみたてNISAはリスクを分散し、

長い時間をかけて資金を育てていくものです。

 

つみたてNISAで重要なのは複利です。

毎月3万円を単純に20年間貯金すると720万円貯まりますが、

年利6%の銘柄に投資すると1600万円にもなります。

 

何もせずに資産が倍以上になるということです。

現代において投資をしていないということは毎日損をしているということなのです。

NISAとつみたてNISAとは

 

NISAとつみたてNISAとは証券口座の一種の用なものです.

ただ一般の証券口座とは違う部分が多いので表にします。

一般証券口座 つみたてNISA NISA
運用期間 制限なし 20年間 5年間
年間投資上限額 上限なし 年間40万円まで 年間120万円まで
運用利益 課税(20%) 非課税 非課税
買い方 自由 積み立て方式のみ 自由
対象銘柄 制限なし 金融庁が認めた銘柄のみ 制限はあるがつみたてNISAよりは幅広い銘柄

 

一般の証券口座では投資によってできた利益である運用利益に20%の税金がかかります。

例えば100万円儲けても税金で20万円持っていかれるということです。

これはかなり大きいです。

 

しかし「少額投資非課税制度」の対象である、

「つみたてNISA」と「NISA」には税金がかかりません

 

つみたてNISAは投資金額年間40万円×20年で最大800万円まで、

NISAは投資金額年間120万円×5年で最大600万円までの投資において非課税です。

 

投資できる商品に制限があるのはデメリットのように感じるかもしれませんが、

投資信託の99%はぼったくりと言われています。

つみたてNisaでは金融庁が選んだ銘柄だけなので、

そういったぼったくりと言われているものは除外されます。

つまり対象銘柄が制限されているというのはデメリットどころかメリットと考えられます・

 

初心者には絶対つみたてNISA

 

初心者にオススメなのはNISAよりつみたてNISAです。

 

両方やればいいじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、

NISAとつみたてNISAは併用ができません

 

別の金融機関から両方作ろうとしても、

NISAを始めるのにはマイナンバーNISA専用口座が必要なので不可能です。

 

それではつみたてNISAの利点について説明していきます。

積み立て方式の買い方なので負担が少ない

 

NISAの上限は年間120万円ですが、つみたてNISAは年間40万円です。

上限いっぱいまで使おうと思えばNISAなら月10万円、月にこれだけ投資に回すのはきついと思います。

一方NISAなら月3万円程度で上限まで届きます。

月3万円の投資ならば現実的に手の届く金額だと思います。

 

月3万円で年間36万円なので余裕のある月に少し多めに投資するようにして、

上限の40万円分投資しましょう。

 

もちろん40万円分使い切らなくてはいけないわけではないです。

その方がお得というだけで、月1万円からでも始められます

金融庁が安全だと判断したものの中から選べる

 

株というとソニーやパナソニックといったような1社ずつ買う個別株を想像すると思いますが、

個別株は専門的な知識やその会社について細かい情報まで調べなくてはいけないので初心者には向きません

そこでおすすめなのが投資信託です。

個別株が株のバラ売りだとすると投資信託は株のパック売りです。

しかし投資信託の99%がぼったくり商品です。

営業に勧められて投資して大損をしたという人もいるかもしれません。

初心者は特に耳障りの言い宣伝文句のぼったくり商品を買ってしまうことが多いです。

しかしつみたてNISAの商品はそういったぼったくり商品を金融庁が除外しています。

つまりつみたてNISAで買える商品は金融庁のお墨付きなので安心して購入してください。

いつでも売却できる

 

つみたてといってもいつでも売却して現金にすることも可能です。

長期的に保有していた方がお得というだけで、

現金が必要なときはいつでも売って現金にできるので無理せず生活優先で投資していきましょう。

もちろん税金はかかりません。

時間を一切取られない

 

つみたてNISAをはじめてからやることは一つだけです。

頻度と金額を設定する、これだけです。

例えば頻度は月に1回、金額は3万円と設定していれば、

あとは毎月自動的に引き落とされていくので何もしなくていいのです。

つまりつみたてNISAに取られる時間はないということです

つみたてNISAを始める

 

NISAの口座を作るときに注意しなくてはいけないことがあります。

それは人を介した所を利用して作ってはいけないということです

つまり銀行窓口や証券会社、保険会社などの人がいるところで作ってはいけません。

特に初心者だと気づかれると悪質な商品を売りつけられることもあります。

人を介すと、当たり前ですがその人の給料が発生してますから、手数料が多く取られてしまいます。

 

だからつみたてNISAの口座は必ずネット証券会社で作りましょう。

オススメなのは楽天証券です。

楽天証券なら代理店を介さないので手数料を大分抑えることができます。

ポイントせどりをしている人も多いと思うので、

楽天証券を利用して余ったポイントを投資するのもいいと思います。

何を買えばいいのか

 

それでは結局何を買えばいいかと思っていると思います。

ずばり楽天・全米株式インデックス・ファンドです。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンドはアメリカ中の株を儲かっている順の比率でまとめたパックです。

純資産総額の17.2%を占める上位10銘柄とその比率を表にまとめました。

銘柄 比率
APPLE INC 2.8%
MICROSOFT CORP 2.4%
ALPHABET INC(Google) 2.3%
AMAZON.COM INC 1.7%
FACEBOOK INC 1.5%
BERKSHIRE HATHAWAY INC 1.4%
JOHNSON&JOHNSON 1.4%
JPMORGAN CHASE 1.3%
EXXON MOBIL CORP 1.3%
BANK OF AMERICA 1.1%

 

アップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、フェイスブックと誰もが聞いたことのある有名企業がずらりと並んでいます。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの投資先は米国株式市場です。

アメリカで投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーする3,638銘柄に投資するのが楽天・全米株式インデックス・ファンドです。

大げさでも何でもなく楽天・全米株式インデックス・ファンドはアメリカという国に投資する投資信託です。

アメリカは大きな変動はなく長期的に右肩上がりなので投資する際のリスクが少なく、長期的に利益が出るといえます。

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

 

楽天・全米株式インデックス・ファンドは名前通りインデックスファンドです。

 

インデックスファンドとは指数(日経平均株価やTOPIXなど)に連動して機械的に買っていく運用の仕方です。

 

一方、アクティブファンドはとは指数に連動するインデックファンドとは逆に指数を上回ることを目標とする運用方法です。

 

アクティブファンドはファンドの運営者がコストをかけて市場を調べ、

指数を上回る大きな利益を生み出すための投資方法です。

 

集中投資のアクティブファンドはリターンも大きいですがリスクも大きいです。

一方、分散投資のインデックスファンドリターンは小さいですがリスクも小さいです。

つまりインデックスファンドは長期的な投資に向いているということです

長い目で見るとリスクが小さく少しずつ資産が増えていくインデックスファンドの方が、

資産を育てるという観点からも安心で魅力的です。

まとめ

 

楽天証券でつみたてNISAを始め、楽天・全米株式インデックス・ファンドを買いましょう。

リスクを抑えて、長期的に確実に資産を育てていきましょう。