今回は「並行輸入品」と「正規輸入品」の違いと「並行輸入品」を出品する際の注意点について説明していきます。

「正規輸入品」と「並行輸入品」の違いとは

正規輸入品

 

正規輸入品は日本の販売代理店が正式に海外のメーカーと代理店契約を結んで輸入販売しているものを指します。

正規輸入品は並行輸入品と違って偽物である心配は一切いりません。

そしてメーカーからの保証、アフターサービスも付いているので安心して使用することができます。

 

ただ輸入経費や正規代理店の利益、アフターサービス経費などが価格に含まれてくるので、どうしても価格は高くなってしまいます。

もちろん現地で買うよりは高くなってしまいます

またもう一つのデメリットとしてラインナップの少なさがあります。

日本の代理店では日本であまり需要がなさそうな色、デザイン、サイズなどは輸入しないことが多いので、

現地と比べるとラインナップは少なくなってきます。

 

海外メーカーが希少さを出すために特定の地域でしか売らないということもあるので、

こちらの理由でラインナップが少なくなっているケースもあります。

並行輸入品

 

並行輸入品は個人や正規代理店でない事業者が現地の海外メーカーから直接輸入して販売している商品のことを言います。

正規代理店が販売しているもの以外は並行輸入品となります。

 

代理店を通さずに現地で直接メーカーから輸入しているので経費が安く、

正規輸入品よりも安く販売することができます。

とにかく安い

何と言ってもこれが並行輸入品の強みです。

 

しかしいいことばかりでもありません。

まず並行輸入品は偽物が混ざっている場合も稀にあるので注意しなくてはいけません。

そしてこういった偽物があるために並行輸入品の信頼は正規代理店より低く

売る側からしたらデメリットになります。

 

次にメーカー保証やアフターケアを日本では受けられないので心配でもあります。

正規代理店から買ってないので正規代理店に問い合わせても意味がありません。

 

説明書も現地の言語で書かれているので操作が難しいかもしれません。

あとは簡易包装で送られてきたり、付属品が違ったりすることも間々あります。

Amazonで並行輸入品を販売する

Amazonにおける並行輸入品の定義

 

並行輸入品の定義

「並行輸入品」は、メーカーが認める正規輸入代理店以外のルートで国内に輸入された商品を指します。

「並行輸入品」には以下のような制限があります。購入者の誤解を避けるため、並行輸入品は他の通常商品とは分けて出品する必要があります。

正規輸入代理店またはメーカーによる国内保証や修理サービスを受けられない

製品の仕様が正規代理店取扱商品と異なり、日本国内での使用に制限がある

仕入れルートの違いにより商品箱、装飾等に誤差が発生する

注: ※並行輸入品の定義に該当しない場合は、何も明記せずに通常商品として出品してください。

出品の際には、Amazonのガイドラインの遵守に同意していることを前提とします。正しく出品が行われていない場合、Amazonは当該商品(出品情報も含め)を削除する権利を留保します。

並行輸入品の商品登録

Amazonのサイトに並行輸入品を出品する際には、その他の通常商品と区別して出品する必要があります。並行輸入品は商品名に[並行輸入品]と明示され、通常商品とは別の商品詳細ページ(ASIN)に掲載されます。

Amazonのサイト上にすでに並行輸入品の商品詳細ページ(ASIN)がある場合は、その商品詳細ページに出品してください。

 

Amazonセラーセントラルのサイト内ではこのように書かれています。

これがAmazonが並行輸入品と判断する定義となりますので、よくチェックしておいてください。

 

そして並行輸入品をAmazonから出品する際は正規輸入品とはっきり区別しましょう。

必ず商品名に[並行輸入品]と明示して正規輸入品とは別の商品詳細ページ(ASIN)を作り、そこから売らなくてはいけません。

もうすでにAmazon内に並行輸入品の商品詳細ページ(ASIN)がある場合はそのページから販売してください。

並行輸入品をAmazonで販売する際の注意点

 

物自体は正規品と同じだからと正規輸入品と同じページから販売してしまうと大変なことになるので、絶対にやめましょう。

 

もし正規輸入品のページで並行輸入品を販売してしまうとアカウントチェックが入り、本物かどうか調査されます。

たとえ本物だと判断されても並行輸入品を正規輸入品のページで販売することはAmazonの規約違反になるので、

アカウントの停止、または削除といった重いペナルティが課せられます。

 

Amazonでは正規輸入品と並行輸入品の扱いは全く違うことをしっかり覚えておきましょう。

たとえ売れたとしてもメーカー保証やアフターサービスがないことから返品やクレームにつながってしまうのでいいことはないです。

 

逆にそれさえしなければ、並行輸入品せどり(転売)は稼げるせどり(転売)です。

なのでどんどん仕入れて売っていきましょう。

まとめ

 

並行輸入品と正規輸入品の違いをはっきり理解し、

注意点を守って販売していってください。