今回は日本だけではない世界各国のAmazonについて説明していこうと思います。

世界中のAmazon

世界各国のAmazonリンク一覧

 

アメリカ: https://www.amazon.com/

イギリス: https://www.amazon.co.uk/

ドイツ: https://www.amazon.de/

フランス: https://www.amazon.fr/

スペイン: https://www.amazon.es/

イタリア: https://www.amazon.it/

オランダ: https://www.amazon.nl/

カナダ: https://www.amazon.ca/

メキシコ: https://www.amazon.com.mx/

オーストラリア: https://www.amazon.com.au/

ブラジル: https://www.amazon.com.br/

インド: https://www.amazon.in/

トルコ: https://www.amazon.com.tr/

アラブ首長国連邦: https://www.amazon.ae/

中国: https://www.amazon.cn/

日本: https://www.amazon.co.jp/

 

Amazonがある国はアメリカを入れて16か国です。

 

基本共通アカウントで使えますが、日本か中国のアカウントしか持っていない場合は、

そのアカウントでは他国のAmazonを利用することは出来ません。

 

Amazon.comで新たにアカウントを作成する必要があります。

Amazon.comのアカウントがあれば日本と中国以外の国のAmazonを一つのアカウントで利用することができます。

Amazon.comのアカウント登録へ

 

またアリババグループとJD.comの複占が続いている中国からAmazonは撤退を表明しました。

世界のAmazonページのメニュー

 

世界のAmazonページのメニューに共通してあるのは

Department(商品カテゴリ)

Sell(販売)

Help(サイト内のヘルプ検索)

Deals(日本でいうタイムセール)

の4つです。

 

ただオープンして間もないAmazonオーストラリアにはまだタイムセールはないようです。

まあすぐに実装されるでしょう。

 

アメリカにだけあるメニューも結構あります。

Browsing History

これは閲覧履歴ですね。

注文履歴だけでなく閲覧履歴も見られること買おうか迷って購入をやめた商品をやっぱり欲しいと思った時などに便利です。

 

Registry

これはお祝い関連の機能で、WeddingBabyがあります。

登録して欲しい商品を追加しておけば結婚祝い、出産祝いとしてプレゼントしてもらえるかもしれませんし、

登録すると一般会員で10%OFF、プライム会員で20%OFFの割引特典があります。

 

Amazonはアメリカが一番メニュー数が多いです。

これはまずAmazonはアメリカで新しいシステムを試してから他の国のAmazonに取り入れていくからです。

なのでアメリカのAmazonを見ていればこれから追加されるシステムがわかるかもしれません。

海外のAmazonを利用するときはアプリを使おう

 

日本のAmazonでは売られていないが他の国のAmazonでは売っていたり、

日本で買うより安かったりということもあるので、せどり(転売)にも活用できます。

アプリの設定を行う

 

アプリの設定方法を説明します。
まずアプリをダウンロードしたら自分のアカウントでログインしてください。

そして設定の画面を開いて「Country & Language」をタップします。

 

Countryの欄を利用したいAmazonの国に、

Languageの欄を表示したい言語に、

Currencyの欄を表示したい通貨に設定して完了です。

 

言語と通貨を日本に設定しておけば日本のAmazonの価格と比較しやすくなります。

海外Amazonを利用するときに注意すること

送料

 

海外からの送料が高くなってしまって、結局日本で買うより高くなるといこともあるので注意が必要です。

商品ページに送料無料と書かれていても国外は含まれないことがあるので気を付けてください。

 

例えばアメリカのAmazonで買った場合の送り方は、

USPSというアメリカの郵便局を使う方法とUSPなどのアメリカの宅配便を使う方法の2通りがあります。

 

USPSは届くまでに時間はかかりますが、送料は安くなっています。

逆にUSPなどの宅配便は早く届きますが、送料は高いです。

これは状況によって使い分けるといいでしょう。

関税

輸入ということになるので金額や商品によって関税がかかります。

個人輸入の場合は10000円以下の買い物では基本課税されませんが、

革靴などのような例外もあるので必ず税関のサイトで事前にチェックしておきましょう

そして10000円以上の場合は必ず関税がかかってきます。

Amazonで買い物をすると「輸入税等前払金」として関税や輸入消費税などは商品の値段にプラスされてあらかじめ多めに払うことになっています。

足りなかった場合は一部商品を除いて追加で請求されるということはありませんが、

多めに払ってしまった場合は2か月後ぐらいに支払い時に使用したクレジットカード宛に返金されます。

商品の破損、遅延

 

届いた商品が破損していたり、不良品だった場合は返品して返金か交換してもらうことになります。

この場合は国際宅配便利用することになるのですが、取引が完了するまでに数か月とかかってしまうことがあるので注意してください。

 

またクレームも購入した国の言語で行わなくてはならないので注意が必要です。

説明書が日本語ではない

 

説明書ももちろん購入した国の言語で書かれていて、

日本語訳がついているものなどほとんどないでしょう。

この点も気を付けてください。

ツールを使って安価の商品を探す

keepa

 

各国のAmazonの価格を比較して海外せどり(転売)で利益を出すためにとても便利ツールがkeepaです。

keepaはGoogle Chromeの拡張機能なので今すぐChromeに追加しましょう

keepaを追加するとAmazonの商品ページにKeepa Boxが表示されます。

Keepa Boxに「他のロケールと比較」という表示があるのでクリックすると、

各国のAmazonの「Amazon販売価格」「新品価格」「中古価格」が一覧で見られます。

 

keepaを使えば各国の価格比較がスムーズに行えるので大変便利です。

keepaを使って海外せどりで稼ぎましょう。

 

keepaをChromeに追加

まとめ

 

世界には16か国のAmazonがあります。

keepaを使って価格の低い国を探し海外せどりに役立てましょう。