10月1日からの消費税増税に伴っての需要平準化対策としてキャッシュレス・消費者還元事業が施行されます。

これはキャッシュレスで支払いをするとポイントがもらえるという国の事業なのですが、

この事業の対象にAmazonも含まれているのです。

つまり出品している自分の商品に国からポイントがつくかもしれないということです。

これがあるのとないのとでは大違いですが、キャッシュレス・消費者還元事業の対象になるにはAmazon内での申し込みが必要です

ということで今回はこのキャッシュレス・消費者還元事業についてとAmazonでの申し込みについて説明していきます。

キャッシュレス・消費者還元事業の概要

 

キャッシュレス・消費者還元事業は10月からの消費税増税に伴った需要平準化対策として経済産業省が行う事業です。

期間は9か月間で2019年10月から2020年6月までとなります。

国から支援される内容としては以下の通りです。

〇一般の中小・小規模事業者については、
消費者還元5%
加盟店手数料率3.25%以下への引下げを条件とし、更に国がその1/3を補助
③中小企業の負担ゼロで端末導入(1/3を決済事業者、残り2/3を国が補助)
〇フランチャイズ等の場合は消費者還元2%(端末費用及び加盟店手数料の補助はなし)

対象となる決済手段は、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど一般的な購買に繰り返し利用できる電子的決済手段となっています。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象になるのは法人企業と個人事業主です。

Amazonキャッシュレス・消費者還元事業

Amazon内でのキャッシュレス・消費者還元事業の仕組み

 

Amazonで5%還元のタグが表示されている商品が購入された場合、購入者は5%引きの値段で買い物ができます。

この時の5%は一時的にAmazonが負担するので出品者が損をすることはありません。

その後Amazonが一時的に負担した金額は国に補助金申請されるという流れです。

ですので出品者には一切負担はありません

 

Amazonでキャッシュレス・消費者還元事業の申し込みを行った出品者の商品には5%還元のタグのタグが表示されますが、

申込をしていない出品者の商品にはこのタグが付きません

また出品者一覧でもキャッシュレス・消費者還元事業者であるかどうかが分かるように表示されます。

 

Amazonの利用者の多くはキャッシュカードを利用しているので今回の事業の還元対象になるでしょう。

その消費者側から見て5%還元される商品とされない商品では、どう見ても5%還元商品の方がお得です。

ということはキャッシュレス・消費者還元事業に申し込んでいるかいないかで大幅に売り上げが変わってくると思われます。

ですので出品者の方は必ずキャッシュレス・消費者還元事業に申し込みましょう。

Amazonキャッシュレス・消費者還元事業への申し込み

 

Amazonキャッシュレス・消費者還元事業への申し込みはもうすでにスタートしています。

Amazon出品サービス」の中の申し込みページから無料で簡単に申し込めるのですぐに申し込みましょう。

申し込みページ

申し込みは法人か個人事業主で違うのでどちらか選んで申し込みましょう。

 

まだ個人事業主として登録していない人は早めに登録しておきましょう。

個人事業主の登録は自分の住所の管轄の税務署に行き、開業届などを提出して手続きを行うだけです。

申し込みの際の注意点

 

Amazonでの申し込みが終わるとキャッシュレス・消費者還元事業の執行団体による審査があり、

その審査を通れば10月から5%のポイント還元が開始できます。

しかし審査にはある程度の時間がかかり、更に開始日の10月1日が近づけば近づくほど申請者の数は増加すると思われるので、

審査にかかる時間はどんどん長くなっていくと考えられます。

また申し込みに不備があって審査に通らず戻ってきた場合は、さらに時間がかかってしまいます。

申し込みが遅れると10月1日間に合わなくなってしまうこともあるので早めに申し込みを済ませましょう。

申し込みページ

まとめ

 

Amazonでのキャッシュレス・消費者還元事業について説明してきましたがアマゾン出品者なら申し込みは必須です。

そして混みあう恐れがあるので、できるだけ早めの申し込みを心がけましょう。