AmazonFBAで出品をする際に注意しなくてはいけないのが手数料です。

手数料は商品の大きさカテゴリーなどによって変化していきます。

今回はAmazonで出品する際の手数料について説明していきます。

大口出品と小口出品の違い

 

Amazonには大口出品と小口出品があります。

まずはこの二つの違いから見ていきましょう。

大口出品

 

大口出品は登録料が月額4,900円、そして販売手数料が注文成約時にかかります。

さらに本・ミュージック・ビデオ・DVDのカテゴリーの商品を販売する際には時販売手数料の他にカテゴリー成約料が注文成約時にかかります。

小口出品

 

小口出品は商品1品ごとに100円の基本成約料と販売手数料が注文成約時にかかります。

そしてこちらも同じく本・ミュージック・ビデオ・DVDのカテゴリーの商品を販売する際には時販売手数料の他にカテゴリー成約料が注文成約時にかかります。

 

大口出品と小口出品の違いは、月額の登録料4,900円と商品1点ごとに100円の基本成約料です。

簡単に言うと月に50品以上出品するなら大口出品の方が得ということです。

月50品も出品しない方は小口出品のままでかまいません。

商品カテゴリーごとの販売手数料

 

販売手数料率は商品カテゴリーによって変化します。

商品カテゴリーごとの販売手数料率は次のようになっています。

 

本 15%

CD・レコード 15%

ビデオ・DVD 15%

エレクトロニクス (AV機器&携帯電話) 8%

カメラ 8%

パソコン・周辺機器 8%

エレクロニクス、カメラ、パソコン付属品 10%(商品価格が500円以下の場合は販売手数料は一律50円になります)

Kindle アクセサリ 45%

楽器 8%

ドラッグストア 10%

ビューティー 10%(一部のブランドでは販売手数料20%になります。対象ブランドはこちらから確認できます)

スポーツ&アウトドア 10%

カー&バイク用品 10%

おもちゃ&ホビー 10%

TVゲーム 15% (ゲーム機本体は販売手数料率8%です

PCソフト 15%

ペット用品 15%

文房具・オフィス用品 15%(電子辞書、関連アクセサリー商品は販売手数料率8%です

ホーム(家具・インテリア・キッチン) 15% (浄水器、整水器、生活家電は販売手数料率10%です

ホームアプライアンス 10%

大型家電 8%

DIY・工具 15%

産業・研究開発用品 15%

食品&飲料 10% (ビール・発泡酒は販売手数料率6.5%です

腕時計 15%(メンズ・レディース腕時計の海外ブランド(並行輸入品)、国内ブランド(逆輸入品)は販売手数料率6%です

ジュエリー 15%

ベビー&マタニティ 15%

服&ファッション小物 15%

シューズ&バッグ 15%

その他のカテゴリー 15%

 

括弧の中に書かれているように、同じカテゴリーでも特定の商品は販売手数料率が上がったり下がったりしています。

ゲーム機本体はTVゲームのカテゴリーの中でも販売手数料率が低いです。

なのでゲーム機本体の方が利益が大きくなるということですね。

カテゴリー成約料

本、ミュージック、ビデオ、DVDのカテゴリーの商品には、販売手数料の他にカテゴリー成約料がかかります。

カテゴリーごとのカテゴリー成約料は次のようになります。

 

本 80円

ミュージック 140円

DVD 140円

ビデオ (VHS) 140円

AmazonFBA手数料

Amazonが商品の保管から注文処理、配送、返品によるカスタマーサービスまでを代行してくれるサービスがFBA(フルフィルメントby Amazon)です。

FBA出品は便利ですが、その分の手数料はかかってくるので説明していきます。

配送代行手数料

Amazonが出荷・梱包・配送を代行することによって発生するのが配送代行手数料です。

配送代行手数料は商品区分と個数によって変わります。

商品区分の定義については次のように分けられます。

 

小型:25×18×2cm未満かつ250g未満の商品

標準:45×35×20cm未満かつ9kg未満の商品

大型:45×35×20cm以上かつ9kg以上の商品

小型で低単価の商品:950g以下かつ販売価格が1,400円以下の商品

高額商品:大型を除き販売価格が45,000円以上の商品

 

配送代行手数料の商品区分ごと1つあたりの金額は次のようになります。

 

小型商品 252円

標準商品 354〜490円

大型商品 565~1,569円

在庫保管手数料

Amazonが商品を保管・管理を代行することによって発生するのが在庫保管手数料です。

商品サイズ(体積)と保管日数によって在庫保管手数料の額は決定します。

 

保管日数とはAmazonフルフィルメントセンターに商品を保管した日から購入者へ商品を出荷した日までの日数です。

次のように在庫保管手数料は計算されます。

Amazonサイト内にFBA手数料を計算できる「FBA料金シミュレータ―」があるので、FBA手数料を調べたいときに使ってみてください。

FBA料金シミュレーター

 

Amafee」というAmazon手数料を計算するのに便利なサイトがあるので、こちらも活用してみてください。

Amafee

その他4つのFBA手数料

 

【FBA在庫の返送・所有権の放棄手数料】

FBA在庫を返送またはFBA在庫の所有権を放棄する際には手数料がかかります。

金額ですが、返送の際は、小型・標準サイズ1個につき51円、大型サイズ1個につき103円、

所有権放棄の際は、小型・標準サイズ1個につき10円、大型サイズ1個につき21円になります。

 

【購入者返品手数料】

購入者が「30日間返品送料無料」を利用してファッションカテゴリー商品を返品した際に発生するのが購入者返品手数料です。

ファッションカテゴリーは服・ファッション小物、シューズ、バッグ類です。

料金の商品ごとの違いは次のようになります。

 

 

【長期在庫保管手数料】

2019年8月15日以降からフルフィルメントセンターに365日以上保管している商品には、

1,000立方センチメートル(10cm x 10cm x 10cm)あたり月額17.45円の長期在庫保管手数料がかかります。

 

最低長期在庫保管手数料は商品1点あたり10円のに設定されており、長期在庫保管手数料と最低長期在庫保管手数料のいずれか大きい方が請求されます。

在庫一掃チェックは毎月15日に行われるので気を付けておきましょう。

 

【納品不備受領作業手数料】

納品要件をを満たしていない商品を納品した時に、程度によってAmazon側で要件を満たした状態までの作業を代行してくれることがあります。

この作業代行に対して発生するのがを納品不備受領作業手数料です。

作業ごとの料金は次のようになっています。

FBAオプションサービス

 

【FBA商品ラベル貼付サービス手数料】

Amazonでは出品者の代わりにラベルの貼付を行なってくれるオプションサービスを実施しています。

このオプションサービスを利用した時に請求されるのがFBA商品ラベル貼付サービス手数料です。

商品サイズによって1枚当たりの料金が次のように変化します。

 

【FBA梱包準備サービス手数料】

Amazonでは出品者の代わりに出品者の代わりに商品の梱包を行ってくれるオプションサービスを実施しています。

このオプションサービスを利用した時に請求されるのがFBA梱包準備サービス手数料です。

 

商品、サービスごとの料金は次のようになります。

まとめ

 

Amazonで出品する際に重要になってくるのが手数料です。

カテゴリーごとに変化する販売手数料率や商品の大きさなどで変わってくるFBA手数料のことを頭に入れてAmazonで出品していきましょう。