商品をAmazonのFBAに一遍に納品しようと思っていたら、

大型サイズの商品が混ざっていて納品先が2か所になっていたことはありませんか?

別々に送ることでそうりょうは高くなってしまうので、大型商品に苦手意識を持っている方も多いかもしれません。

そんな大型商品のことについて今回は説明していきます。

大型商品とは

 


標準サイズの商品と大型サイズの商品は同じAmazonのFBA倉庫に送ることはできません

納品するときはamazon seller centralで商品を登録しますが、

この時にAmazonで標準サイズか大型サイズを判断され、

別々の納品場所に納品するようにAmazonから指示されます。

 

Amazonで規定されている標準サイズと大型サイズの大きさを見ていきましょう。

標準サイズ

商品1点の三辺が45×35×20cmより小さい、重量が9kg未満

 

大型サイズ

商品1点の三辺が45×35×20cm以上、商品1点の三辺の合計が170cm未満、重量が40kg未満9kg以上

この三辺の長さですが、どれか一辺でも規定を超えていると大型商品とみなされます。

例えば三辺が40×35×10cmであった場合は大型商品となります。

 

3辺の長さが規定を超えていない場合でも、重量が9㎏以上のものは大型商品とみなされるので、注意してください。

大型商品と標準商品は別々の場所へ送らなくてはいけないので、

大型商品は計画的に仕入れてある程度たまったところで一気に納品するのがいいでしょう。

大型商品を納品するときの箱の大きさも定められています。

 

三辺合計216cmまで(1辺の規定なし)、重量が40kg未満

 

この大きさの箱が満杯になるまでは納品せずに箱がいっぱいになったら一遍に送りましょう。

大型商品の見分け方

 

大型商品は計画的に仕入れたほうがいいと言いましたが、

計画的に仕入れるためにはちゃんと見分けられなければいけません。

 

しかしメジャーを持ち歩いて一つ一つ測っていくのは手間がかかりますし、

なによりそんなことをやっていてはお店の人に不審がられます。

 

なので今回はAmazonセラーアプリで簡単に見分ける方法を紹介していきます。

注目するのは出荷作業手数料です。

出荷作業手数料が500円以下なら標準商品、

500円を超えていたら大型商品になるので覚えておいてください。

ではAmazonセラーアプリで大型商品かどうかを見分ける手順について説明していきます。

まずAmazonセラーアプリの商品登録にASINコードかJANコードを入力し、

表示された商品の商品名の右にある 〉をタップします。

最後にに利益計算の式の右にある 〉をタップして出てきた画面で、

Amazonから出荷になっていることを確認して『手数料』をタップします。

 

そして表示された出荷作業手数料を見て、

500円以下なら標準商品、500円を超えていたら大型商品と判断してください。

 

これなら簡単に大型商品かの見分けがつくので便利です。

 

Google PlayでAmazon Sellerをインストール

App StoreでAmazon Sellerをインストール

大型商品を納品するときの梱包の注意点

 


Amazon規定の50×60×50サイズの箱に入るときはいいのですが、

家電などの場合はこの大きさに収まらないことがあります。

 

その場合はメーカ専用輸送箱で納品することが許されています。

これは家電などを仕入れて届いたときの箱に入ったままの状態でそのまま納品してもいいということです。

 

ですが納品する際にはamazonの配送ラベルと宅配会社の送り状を貼る必要があります。

amazonの配送ラベルと宅配会社の送り状はAmazonスタッフが納品されたときに剥がしてくれますが、

剥がした跡が残った状態でそのまま購入者様の元に届くことになります。

 

それを避けるためにメーカ専用輸送箱で納品するときは、

箱を半透明の袋やプチプチ、シュリンクラップで包んで

その上からamazonの送り状と宅配業者の送り状を貼りましょう。

これで箱が傷ついて届けられる心配はなくなります。

 

おもちゃなどでは箱も大事に取っておきたいという方もいるので、

そういった箱はプチプチで包んで納品するといいでしょう。

大型商品のメリット

 

大型商品は手数料が高くて送料もかかるので取り扱う人が少ない商品です。

しかしこれは逆に考えればライバルが少ないということを意味しています。

 

ライバルが少ないのでカートが取りやすく、取得時間も長くなります。

さらにライバルが少ないことで価格競争が起きにくいという利点もあります。

 

送料はできるだけ抑えられるように、できるだけためてから一遍に納品すように心がけましょう。

そのためにもAmazonセラーアプリで見分けながら計画的に仕入れていくといいです。

まとめ

 

大型商品は扱いにくいと思われがちですが、利益が出せる商品がたくさんあります。

送料を抑えることを心がけながら、計画的に仕入れていきましょう。

大型商品かどうかを見分けるときにはAmazonセラーアプリを活用して正確に見分けていきましょう。