ホームセンターで仕入れを行なっている人はいますか?

ホームセンターにも利益がでる商品はたくさんあります。

今回はホームセンターで仕入れを行うときのコツや注意点などを説明していきます。

ホームセンターで仕入れるメリット

商品の幅広さ

 

ホームセンターでは十数万点といった商品数の商品が売られています。

商品ジャンルも幅広く、以下のようなジャンルがよく売られています。

 

・家電・PC周辺機器

・大工道具や工具

・建築資材・住宅設備

・インテリア・収納

・スポーツ・レジャー

・生活用品・日常品

・ドラッグ

・ペット

・文具

 

ホームセンターではこのような幅広いジャンルの商品を仕入れることができます。

同じ商品を大量に購入できる

 

普通のお店では同じ商品を大量に購入しようとしても、

転売目的を疑われて購入できないです。

 

ですがホームセンターでは同じ商品を大量に購入しても、

指摘されるようなことはありません。

 

在庫確認をしてもらってまだ在庫があれば裏倉庫からも更に在庫を持ってきてくれます。

大量に仕入れたい商品がホームセンターにあれば一度で仕入れられるかもしれません。

ライバルが少ない

 

ホームセンターにはライバルが少ないので、

他のお店で品切れだった商品が見つかることがあります。

 

どこを探しても見つからなかった商品が、

案外ホームセンターにあったということもあるので、

探している商品があったらホームセンターに行ってみるのもいいかもしれません。

ホームセンターで仕入れるデメリット

商品数が多い

 

商品数の多さはもちろんメリットですが、

デメリットでもあります。

 

大量の商品をリサーチするのは時間がかかりますし、

疲れて嫌になってしまいます。

 

なのでホームセンターで仕入れを行う際は、

ある程度商品を絞ってリサーチする必要があります。

新品に見えない商品もある

 

ホームセンターで売られている工具はほとんど裸の状態で、

箱にまとめて入れられてバラ売りされています。

 

なので新品でも新品に見えません。

こういった商品は仕入れをやめるか、

仕入れたとしても中古品として出品しなくてはいけません。

ホームセンターでの仕入れタイミング

決算月、中間決済月

 

決算月はお店側も在庫を処分したいので、

在庫処分品として大幅値下げの商品が多く売られます。

 

決算月の2か月前頃から決算処分品が増えてくるので、

注目しておきましょう。

 

同じく中間決算月の2か月前からも注目です。

 

主なホームセンターの決算月と中間決算月は以下の通りになります。

 

【総決算:2月/中間決算:8月】

 

・DCMホールディングス カーマ

・カインズホーム

・コーナン

・セキチュー

・ホームセンター ムサシ

・ケーヨーデイツー

 

【総決算:3月/中間決算:9月】

・コメリ

・バローホームセンター

・ビバホーム

・ナフコ

・ジャンボエンチョー

 

決算月の時期は冬、中間決算月の時期は夏なので、

その季節物商品はかなり値引かれるので狙いをつけていきましょう。

年末年始のセール

 

年末年始はセールが行われます。

年末年始のセールは決算シーズンほど安い商品はないと思いますが、

チラシなどを見て目ぼしいものがあったら仕入れに行ってみましょう。

季節の変わり目

 

商品の入れ替えが行われるため、今の商品の在庫処分として、

季節物商品が大幅に値引きが行われるのでねらい目です。

 

季節物家電は特におススメです。

ストーブ、コタツ、扇風機、冷風機なんかを仕入れるといいでしょう。

ホームセンター仕入れのコツ

在庫処分品、処分特価の商品

 

在庫処分品や処分特価の商品は赤い札が貼ってあるので、

見つけやすいと思います。

 

これらの商品は大幅値引きされている商品なので、

見つけたらリサーチしていきましょう。

 

不自然なほど値引かれているものは、

ライバルが多くなって価格競争が起こるかもしれないので、

そういった商品は念入りにリサーチしてから仕入れるようにしましょう。

ワゴンセールの商品

 

ホームセンターではワゴンセールが多く行われています。

ワゴンセールの中にも利益商品は眠っているので、

どんどんリサーチしていきましょう。

 

写真のように30~50OFFという商品もあるので、

チェックしておきましょう。

二重の値札、手書きのお値札

 

値札が重ねて貼られている商品や手書きの値札が貼られている商品は、

大幅値引きが期待できる商品です。

見つけたら迷わずリサーチしていきましょう。

 

写真のように手書きの値札は見たらすぐわかりますが、

二重の値札はよく見ないとわからないので、

見逃さないように注意しましょう。

生活家電は国内有名メーカーを仕入れる

 

国内有名メーカーはブランド力があるので、

出品してもすぐ売れて、商品回転率がいいです。

 

逆に中国製などは安かったとしてもなかなか売れないので、

オススメしません。

 

・パナソニック

・日立

・東芝

・シャープ

・山善

・コイズミ

 

このあたりを抑えておけば問題ないでしょう。

 

また海外メーカーでも一部の用途ではシェアがあるものもあるので、

そちらを仕入れてもちゃんと売れます。

 

メーカー名と用途は以下のようになります。

 

フィリップス:コーヒーメーカー、電動歯ブラシ

ダイソン:空気清浄機、掃除機

デロンギ:オーブン、ヒーター、コーヒーメーカー

ケルヒャー:スチームクリーナー、高圧洗浄機

ブラウン:脱毛機、電動シェーバー

季節物の商品

 

季節の変わり目には季節物商品は在庫処分品として、

大幅値引きで売られます。

 

季節の変わり目にはホームセンターに行って、

季節物の家電などの商品を仕入れましょう。

ホームセンターで仕入れる際の注意点

プライベートブランド商品を買わない

 

大手のホームセンターは自社のプライベートブランドを持っていて、

ナショナルブランドのものより安くプライベートブランド商品を売っています。

 

しかしAmazonではこのプライベートブランド商品の出品されているページがありません。

つまりプライベートブランド商品はAmazonで売れないのです。

 

売れないものを仕入れてもただ損するだけなので、気を付けましょう。

仕入れの時期は絞り込む

 

ホームセンターは1年中せどりができるようなところではありません。

なのでセール、決算シーズン、季節の変わり目に絞って仕入れを行いましょう。

検品をしてもらう

 

長い間在庫として眠っていた商品は、雑に扱われるなどして、

傷がついていたり故障していたりする可能性があるので、

購入する前に店員の人にしっかり検品してもらいましょう。

まとめ

 

ホームセンターには利益になる商品がたくさんあります。

セール、決算シーズン、季節の変わり目に絞って、

在庫処分品を仕入れていきましょう。