店舗せどりの際に便利なバーコード読み込みは使っていますか?

バーコードを読み込んで商品情報を検索ができる無料アプリ「Amacode」を使えば、

スマホのカメラでバーコードを読み取ってAmazonでの売れ行きや粗利益を確認することができます。

利益がでる商品なのかどうかを簡単に効率よく調べることができるのでオススメです。

「Amacode」は店舗せどりでの仕入れに大変便利なので、

今回はその利用方法と設定方法について説明していきます。

Amacodeとは

 

Amazon転売をより効率よく簡単に行うために作られたアプリが「Amacode」です。

お店に行って仕入れをする際に、Amacodeで商品のバーコードを読み取ると、

損益分岐点、つまりAmazonでの販売手数料を引いた振込金額が確認できます。

損益分岐点と店頭での販売価格を比較して利益商品を探していきます、

損益分岐点と仕入れ値で差額が取れるのであれば利益の出る商品なので、

仕入れをしていけばいいということです。

Amazonで販売されている様々なジャンルのすべての商品に、Amacodeは対応しています。

Amacodeの使い方

 

タップしてバーコードを読み取る

 

まずは一番スタンダードな使い方である、バーコードの読み込みを行っていきましょう。

 

画面中央にある「タップして読み取りを開始」をタップしてカメラを起動させ、

バーコードを読み込んでいきます。

バーコードを読み取ると、画面の下に読み込んだ商品の情報が出てきます。

表示される主な商品情報は以下の通りとなっています。

 

・商品画像

・商品名

・現在のカート価格

・新品の最安値

・中古の最安値

・損益分岐点

 

 


最も重要になってくるのは、

価格の右側にそれぞれ表示されている、

損益分岐点です。

 

損益分岐点はAmazonでの販売手数料を引いた振込金額になります。

損益分岐点よりも安く仕入れられるなら、利益がでる商品となり、

差額分が利益となっていきます。

Amazon商品検索

 

バーコード読み取りだけでなく、

Amacodeでは検索窓からキーワードなどでの、

Amazon商品検索も可能です。

 

バーコードが無い商品もあるので、そんな時は商品名や型番から

商品検索を行っていきましょう。

アラート機能

 

Amacodeにはいろいろな条件でのアラート機能があります。

 

アラート設定は画面中央左にある「ベルマーク」をタップするか、

設定の中の「アラートの設定」から設定していきます。

次のような種類のアラートがあります。

 

・フィルター

・ランキング

・粗利益

・在庫

・プレミアム

・出品者数

・レビュー

 

1.フィルター

フィルター設定をオンにしておくと、

条件に合わなかった商品は検索履歴に残らず、

条件に合った商品だけが検索履歴に残っていきます。

 

同一の価格帯に設定されて商品が販売されている棚を、

一気に検索したいときにフィルター機能はとても便利になってきます。

2.ランキング

設定しておくと、商品のAmazonランキングに応じてお知らせがきます。

 

例えばランキングを1000に設定して検索していると、

Amazonランキングが1000位以下の商品を検索した場合にお知らせされます。

 

3.粗利益

粗利益設定をオンにしておくと、

設定した金額以上の利益がでる商品を検索した際に、

お知らせされます。。

 

4.在庫

在庫の設定をオンにしておくと、

出品者が一人もいない在庫切れの商品を検索した時に、

お知らせが来ます。

在庫設定は

「カート出品者なし」「新品出品者なし」「中古出品者なし」の、

どれかを選んで設定することになります。

 

在庫切れの商品は独占して利益を大きくあげられる場合もあるので、

入念にリサーチして仕入れていきましょう。

 

5.プレミアム

プレミアム設定ををオンにしておくと、

Amazonで定価以上の価格で売られている、

プレミアム商品」を検索した時にお知らせがきます。

6.出品者数

出品者数を設定しておくと、

設定した出品者数以下の商品を検索した時に、

お知らせされます。

出品者がある程度少ない商品は、供給が足りなくなって価格が上がることがあるので、

しっかりとリサーチして仕入れていきましょう。

 

7.レビュー

設定しておくと、

レビューの数が多い商品や、

評価の高い商品を検索した時に、

お知らせがきます。

バーコードとインストアコード

 

GEOやブックオフなどのお店ではバーコードではなく、

独自のインストアコードを商品に貼っている場合があります。

 

インストアコードにもAmacodeは対応しているので、

バーコードではなくインストアコードが使われていた場合は、

インストアコードを選択して、バーコードの読み取りを行いましょう。

商品

 

検索履歴を確認したいときには、

画面下部の固定メニューに中から「商品」をタップすることで、

検索履歴を見ることができます。

 

商品が検索履歴に反映されていないときは、

下にスクロールして画面をリフレッシュすれば最新の状態に切り替わります。

設定

 

Amacodeの各種設定は固定メニューの「設定」から行なっていきます。

細かく設定できるので、しっかりと設定を済ませておきましょう。

 

設定には以下の6項目があります。

 

・基本設定

・仕入れ設定

・バーコードリーダー設定

・アプリケーション設定

・サポート

・アカウント

 

1.基本設定

まず大口出品者である場合と、FBA出品である場合は、

各項目をオンにしていきましょう。

 

そして出荷準備費用の額も設定します。

 

2.仕入れ設定

仕入れ設定を行っておくと、

商品を仕入れリストへ追加した際に、

自動で想定販売価格が表示されます。

 

仕入れ設定で設定する項目は以下の4項目です。

 

・比較対象

・カート優先

・原価基準

・原価基準値

 

新品か中古かを比較対象で選択します。

 

カート優先はオンにしておくと、カート販売者がいた場合に、

比較対象にカート価格が優先されます。

 

3.バーコードリーダー設定

「自動起動」と「簡易モード」のオンオフが、

バーコードリーダー設定で行うことができます。

自動起動をオンするとカメラが、アプリの立ち上げと同時に自動で起動します。

 

簡易モードはオンにしておくと、

商品をAmazonが出品しているでる、お知らせ表示がでなくなり、

検索が若干スムーズに行えます。

 

4.アプリケーション設定

先ほど説明した「アラートの設定」、

パソコンに商品リストを転送するときの「CSV文字コード設定」、

読み込みのスピードを上げることができる「MWS API設定」などが、

アプリケーションの設定では設定可能です。

まとめ

 

お店で仕入れをする際にスムーズに商品検索ができるバーコード読み込みは便利です。

「Amacode」は無料で利用できるので、是非利用して効率的な仕入れを目指しましょう。